南井三鷹の文藝✖︎上等

Home > ブログ

批評を殺す〈内実に対するニヒリズム〉

〈内実に対するニヒリズム〉という日本の病理

僕はこのブログのトップページに「批評がすべて誹謗中傷扱いされる時代」と書いています。

批評の衰退はだいぶ前から起こっていることですが、SNSが一般化した時代になって、

作り手たちの「批評殺し」(というか批判殺し)の欲望がいよいよ前景化してきたと感じているからです。

もちろん、前々から創作者は批評家による批判をおもしろくないと思っていたと思います。

しかし、ある種の「必要悪」としてその存在を認めてきた部分があったと思います。


僕がこの現象を意識しはじめたのは、純文学のジャンルにおけるある出来事でした。

2006年冬号の「文藝」という雑誌で、高橋源一郎と保坂和志が対談をしたのですが、

「小説は小説家にしかわからない」と批評を否定する趣旨のやりとりがあったのです。

評論家の田中和生が「文学界」同年6月号でその態度に疑問を呈したのですが、

この論争は文壇全体を巻き込むほどに盛り上がることもなく終わったような気がします。

他者を重視するはずのポストモダン思想に前のめりだった人たちが、同質性に居直っている姿に僕はあきれたのですが、

このような同質集団に信を置く「日本人の本音」が露出したのが、日本型ポストモダンの成れの果てであったと今なら言うことができます。


西洋の自己反省によって日本が自己満足を深めたのが日本型ポストモダン現象であったわけですが、

他者を称揚するはずの思想が、日本に入ってくると既得権の保護のための保守思想になってしまう、それが日本という場所なのです。

「前提」を共有しない他者を重視し、同質性を解体するはずの思想を語る人が、平気で同質性による他者の排除を欲望し、ときに実行する、

そんな自らが支持する思想への矛盾した態度は、いったい何に起因するのでしょうか。

僕はそこに「評価されれば内容なんてどうでもいいんだ」という〈内実に対するニヒリズム〉があると思っています。

〈内実に対するニヒリズム〉が、ポストモダン思想などよりはるかに根源的な思想として日本には根づいているのです。



『個人空間の誕生』 (ちくま学芸文庫) イーフー・トゥアン 著

実際の原題は「分節化世界と自己」

邦題は『個人空間の誕生』となっていますが、本書に「個人空間」の考察を期待して読んでみると、物足りなさが残りました。

そこで原題を見てみると、「Segmented Worlds and Self」とありますので、「分節化された世界と自己」の方が正確かもしれません。


著者のイーフー・トゥアン(段義孚)は天津生まれですが、アメリカの大学で学位を取得し、

人間主義的地理学の創建者とされているそうです。

西洋の異邦人であるトゥアンは、西洋を相対化する視点を持たざるを得なかったため、

本書の分析もどこか外から西洋を眺めているような冷静さ(というか冷淡さ)が感じられ、

考察が終始理知的で非常に明晰な論考になっています。


ところどころに中国人の空間意識についての考察があるのですが、実は僕はこちらの方が冴えたことを言っていると感じました。

考えてみれば、トゥアンは中国にとっても内なる異邦人として、広い視野から考察できる立場にあったのです。



芸術で現代に挑むために

ポストモダンという「近代=世界大戦」批判の恣意性

1990年の冷戦構造崩壊以後、資本主義一強体制となってから、文学は世界的に衰退しています。

それは2016年のノーベル文学賞をボブ・ディランが受賞したことでも明らかです。

日本ではいまだ「純文学」を扱う文芸誌が存在し続けてはいますが、吉本興業のお笑い芸人が芥川賞を受賞したことで、

出版社にとっては、文学そのものより文芸誌や芥川賞の生き残りの方が重要であることがハッキリしました。

社会性に欠けた研究者をスター扱いする思想界を含めて、出版業界を中心とした文学や思想の形骸化は決定的な局面にあると思います。


日本ではやっと90年代になってポストモダンという語が広まっていった感がありますが、

ポストモダンの問題意識(大義名分)が近代批判にあったことは明らかです。

近代化の末路が世界大戦と核戦争による人類滅亡の可能性であったという事実が、近代的思考に修正を余儀なくさせることになったのです。

しかし、ここからポストモダンの近代批判は恣意的な展開を見せるようになりました。

ポストモダンの前提はあくまでモダン(近代)にあるため、近代のどの部分を残してどの部分を修正するか、

つまりは脱構築する部分についての共通認識が甘かったことがその原因です。

結果、批判すべき近代とは何であるのかについては暖味なまま、「近代=悪」というお題目だけが流通し、

ポストモダンは批判としての内実をほとんど持つことなく終わりました。


ポストモダンの恣意的な展開とはどのようなものなのでしょうか。

たとえば世界大戦の原因に帝国主義がありました。

戦後、帝国主義は一応は放棄されたのですが、中央が周縁を収奪する資本主義のシステムそのものは形を変えて維持されています。

資本主義とそれに対抗する共産主義が核戦争の危機を生み出したため、

ポストモダンは二項対立や国家的イデオロギーの批判を展開しましたが、

国家社会主義は批判できても、潜在的にグローバルである資本主義を批判するには至りませんでした。

資本主義を批判できずに真の近代批判が達成できるはずもありません。

あろうことか、日本では資本主義批判であるはずの〈フランス現代思想〉が消費資本主義の擁護に用いられている始末です。



『大江健三郎 柄谷行人 全対話』 (講談社) 大江健三郎・柄谷行人 著

20年という歴史なき時間

ノーベル賞作家の大江健三郎と批評家の柄谷行人の対談本です。

本書には3回分の対話が収められていますが、実際にこれらの対話が行われたのは、

大江がノーベル文学賞を受賞した1994年前後に集中しています。

優に20年以上が経っているので、いまさら本にするのかという感じはありますが、

内容の古さを懸念した柄谷が「読み返してみると、別に古びた感じはしなかった」と書いているように、

あまり20年の時間を意識せずに読むことができました。


ただ、二人の対話を古く感じないことがいいことなのかは疑問が残るところです。

端的に文学が20年以上も停滞しているだけだとも言えるからです。

文学だけではありません。

政治にしても思想にしても、この20年の間に停滞を続けているというのが現状です。


スマホなどの手持ち端末で、個人が特定の情報へのアクセスを随時に行えるようになったという点で、情報技術は格段の進歩をしたわけですが、

そこで提供されるコンテンツは全般的にレベル低下が避けられなくなっています。

即時アクセス文化の広がりによって、じっくり思考することが難しくなり、その分内容が深められなくなったこともありますが、

レベル低下の最大の原因には、やはり資本主義一強体制という世界情勢の影響があると思います。

僕の印象では、西洋は自足してしまった、ということです。

普遍化の欲望で発展してきた西洋は、普遍化による利益をだいたい享受してしまった現在、

これ以上の発展と普遍化を望む必要がなくなってしまったのです。

民主政治も文学も思想も、西洋近代と深く結びついています。

ポストモダンは近代批判をしてはいましたが、結局は近代の枠を維持していることが前提の「箱庭」思想でした。

この先「歴史」と呼ぶに値するだけの発展があるとしたら、それは西洋の手によるものではないでしょう。



「現在」に依存する「甘え」を許すな

無知な「若手」俳人のワガママはもうたくさんだ

50歳以下の人を「若手」と呼ぶのもどうかと思うのですが、

『新撰21』(邑書林)以後に頭角を現した若手俳人たちの多くには共通する「病理」が感じられます。

簡単に言えば、自分の作品を「俳句」であると言いたがるくせに、

俳句の歴史や詩型の制約からは自由にさせてくれ、というものです。

彼らは俳句の因習から自由な新しい俳人を気取っていますが、その実ただ俳句の資産にぶらさがってアンモラルなことを貪っているだけに終わっています。

大きなものには守られたいが、その中では好きにやりたい、という発想は、ガキっぽい「病理」とも言えるものなのですが、

商業主義に走る俳句出版界では彼らが新しいことをやっている若手であるかのように捉えています。

冷静に見れば堕落しただけの作品を、新しい潮流であるかのように扱い、

それを大御所たちが見て見ぬ振りをしているというのが現状です。

日本の内輪組織のアンモラルさについては、最近のスポーツ界ではかなり表面化しているのですが、

同じく因習を維持している伝統文学の世界では、一般人の注目が低いのをいいことに、同様の問題に対して批判精神が薄いように思います。


過去の俳句の歴史を批判的に乗り越える作品づくりというのは、新たな創造だと言えますし、僕も歓迎します。

しかし、俳句を俳句たらしめてきたものを単なる「制度」として批判し、自分の思いつきをそのまま俳句として流通させようとする態度は、

俳句の名を借りて好き勝手なことをやる「俳句へのタダ乗り行為」に等しいと言えるでしょう。

実作の力も乏しい俳人がやたらと理屈を振り回し、その実主張の内容が「好きにやらせろ」でしかないという昨今の現象を見ていると、

読む一方の純粋読者である僕からすると、読者そっちのけで作者が自己都合のことを言っているだけにしか思えません。

(俳人は読者の多くが俳人であることに甘えていると思います。他のジャンルではこんなくだらない主張に耳を貸す人などいないでしょう)

あまりに不毛なので、こういうくだらない主張を簡単に切り捨てるられるように、「若手のワガママ」をまとめておこうと思います。